【感想】価値とは。アートとは。映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』を観てきた

正体不明の覆面アーティスト・バンクシーがニューヨークで巻き起こした、路上展示という名の狂乱の一ヶ月に密着したドキュメンタリー映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』を観てきました。

映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』公式サイト

バンクシーとは

世界各地でゲリラ的に作品を描くことで知られる、イギリス出身のストリートアーティストです。
名前でピンと来なくても、絵は見たことがあるという人は多いでしょう。

banksy – Google 検索

その活動は「芸術テロリスト」と呼ばれるにふさわしく、社会を痛烈に風刺した作品を、街中の壁や路上に次々に描き残していきます。
違法に描かれたこれらの作品は驚くほどの高値で取引され、熱狂的な人気を博しています。

『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』は、そんな彼が2013年10月にニューヨークで開催した一ヶ月間の路上展示、その一部始終をまとめたドキュメンタリー映画です。

映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』予告編

価値とは? アートとは? 根底から掻き乱される

この映画を観たあと、真っ先に頭に浮かんだ単語が「胸くそ悪い」でした。
映画が良くないとか、バンクシーが気に入らないという意味ではありません。
バンクシーがその大胆な活動を通じてあぶり出す社会現象が、ひたすらに気持ち悪いのです。

バンクシーがどんな意図で活動をしているのか、誰にもわかりません。
彼の作品が強烈なメッセージ性を持っているのは確かですが、実のところ、一体彼は何を思っているのか。
わざと人々を引っ掻き回し、熱狂させ、混乱させるのはなぜか。

確かにこういった部分も気になるところです。
ですが、それを越えて筆者の印象に残ったのが、その活動によって巻き起こる社会現象の方でした。

バンクシーの作品に群がり写真を撮る通行人たち。
彼の活動に反対して作品をめちゃくちゃに壊す人々。
金になると知るや否や作品を覆い隠し、見物料を取り始める人々。
本人に無断で作品を切り出し、オークションに出品する美術商。
それを目の飛び出るような金額で買い取る好事家たち。
違法なグラフィティ作品はアートに値しないと切り捨てる人々。

何が胸くそ悪いって、これらがすべて善とも悪とも言い切れないこと。
ただひとつ確かなのが、どろどろと渦巻く人間の欲望だけということ。

価値とは?
アートとは?
所有とは?
本質とは?
自問せずにはいられません。

……そして、映画を見終わってからしばらくして気付いたのです。
私自身、お金を払ってこの映画を観て、胸くそ悪い社会現象の当事者になっているじゃないかと。

強烈な問いかけの嵐、あなたはどう考える?

そんなわけで『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』、考えさせられる映画でした。

バンクシーのことを知りたい方。
価値について、アートについて、根底から問い直してみたい方。
皮肉と狂乱の無法地帯を目撃したい方。
ぜひ劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました