Design & Creation manakaweb

manakaweblog ―フリーランスWebデザイナー・創作家 真中ユエのブログ―

たっぷり寝ても休んでも疲れが取れないときは、マッサージで体をケアしてみよう

2016-05-28

OMG151018470I9A2342_TP_V3

Twitterでそんなことをぼやいたら、あるフォロワーさんが自分でできるワンポイントマッサージを教えてくれました。
試しにやってみたら、なるほど確かにラクになる!
疲れの対処にこういう方法もあるんだなと思ったので、備忘録的に書いておきます。
どなたかの参考になれば幸いです。

よく眠り、よく休み、それでもいまいちぐったり…?

これが二日前の呟き。
気がついたら結構長いことノンストップで、仕事に外出にと勤しんでいたんですよね。
確認したら、なんと12日間ぶっ続けでバリバリ活動していました。
体力がなく、年中まったりスローペースに生きている私からすると、これはなかなかの連続記録です。

というわけで、昨日と今日の二日間は休むことに専念して過ごしました。
自宅にこもり、よく眠って、よく休んで、仕事も家事も最低限におさえて。

これにより、疲弊していた心の方は無事、緩んで穏やかさを取り戻しました。
ストレス性の口内炎もじわじわ快方に向かい、体全体の疲れも取れてきて、確かにしっかり休めていたのですが…

よくわからないけど、なぜかいまだにぐったり。

これ以上どうアプローチしたらよいかわからず、もやもやしながらとりあえず横になっていた、そんなときでした。

マッサージという手があった。

あるフォロワーさんから「首の後ろの骨を挟むように、水平にぐーっと押すといいよ!」とのメッセージが届きました。
言われてみれば確かに、ぐったりしているのはどちらかというと上半身。
仕事も趣味もデスクワークという人間なので、肩や首や目の疲れには心当たりがありまくり。
なるほどと思い、試しに実践してみました。

すると、確かに肩から上がふっと軽くなりました。
さすがにプロではないので「劇的スッキリ!」とはいかないものの、気持ちよく、ふーっと一息つく感じ。
重力に負けて猫背になりがちなところ、頭が軽くなり、スッと背筋が伸びる感じ。

そうか、これだったのか!と合点がいきました。

つまり、体力の減少による疲れとか、肉体的な疲れ以外に、体が凝って溜まってしまっている疲れというのがあるんですね。
確かにこれは寝ても休んでも解消しづらそうです。

なぜか疲れが取れない、そんなときはマッサージのプロを頼るといいかも

やるべきことはちゃんとやっているにもかかわらず、なぜかぐったり感が治らない。
そんなときは体力気力以外の問題として、体のどこかに負担が溜まっているのかもしれません。
自力でできるマッサージだけでは心もとないなら、整体師さんなどのプロを頼ってみてはいかがでしょうか。

かく言う私、実はリラクゼーションや整体の利用経験がほとんど皆無です。
でも今回の一件で「これは選択肢として知っておいた方が良さそう」と思うようになりました。
ちょっと心当たりもあるので、もしかしたら近々利用してみるかもしれません。