とあるやる気のない一日を赤裸々に公開してみる

c98399035a53d1fa5fbd7a78619bd56c_m

ブログのネタが決まらず、またずるずると日付を越えてしまいました。
回らない頭で考えた結果、「もういいや、まともな記事が書ける気がしない、このだめだめな状態をそのまま書こう」という、面子もプライドもあったもんじゃない内容で一本書くことにしました。
先日こんな記事も書いたことですしね。
→ あえて「ダルい」を発信?意識高いネットメディア界隈に一石を投じてみる

というわけで、この記事では、とあるやる気の出ない一日の内容を恥を覚悟で晒してみようと思います。
馬鹿がつくほど真面目な性格のせいで、意識が高くてやる気に満ちていつも頑張ってるすごい人みたいに思われがちですが、そんなわけありません。人間だもの。

10:30- 起床

これはだいぶ早い方ですね。
調子の悪いときは正午過ぎるとかざらです。
今日は特に体調が悪いわけでもなく、気持ちが落ち込んでいるわけでもなかったので、朝のうちに起きることができました。

寝起きがすこぶる悪いので、目が覚めて30分くらいは布団に潜ったままだし、体を起こしてもスマホチェックしたりしてなかなかベッドから降りません。
Twitterのトレンドに「満員電車」の文字を見つけて、起き抜け早々嫌な気分に。

11:00- シャワーを浴びる

朝風呂というと聞こえはいいですが、単に昨日疲れてばったり倒れ込むように寝てしまっただけです。
最近シャンプー変えたのでバスタイムが地味に楽しいです。

12:00- 昼食

しばらく留守にしていた関係で冷蔵庫が空っぽ。
塩昆布味の釜玉うどん作って食べました。

ここで「このあと買い出し行かなきゃ」「洗濯と、クリーニングの受け取りもあるな」「借りてた本も読みきって返さないと」「疲れてそのままにしてた荷物も片付けよう」「数日お休みしてた仕事もやりたいし」「そういえばあの件とあの件連絡入れなきゃ」「本格的にあったかくなってきたし衣替えもしよう」「今日のブログのネタ何にしようかな」などなど、いろんな思考が脳内を駆け巡ります。
やることたくさんあるなーと思った、その瞬間。

…めんどいな。

この時点で「あっこれ多分今日だめだわ」と直感しました。

12:30- 読書

クライマックスで止まっていた小説を読み切り、ひとしきり感慨に耽ります。
さて、無事読み終わったことだしタスクを片付けていきますか、と思ったのですが。

…めんどいな。

まだまだ動けませんでした。

13:30- ネットサーフィン

Twitterのタイムラインを読んだり、ブログを読んだり、調べものしたり、動画を見たり。
情報収集と言えば聞こえはいいですが、九割方現実逃避です。
とはいえ、ひとりで黙々とネットに没頭していると、気持ちが落ち着いて頭の中が整理されたりもするので、個人的には重要な時間だったりします。

16:00- 洗濯、身支度

重い腰がようやく上がりました。
が、頭の回転がどうにも鈍くて動きはのろのろ。

17:30- 外出

本を返したり、新しく借りたり、クリーニングの受け取りをしたり、スーパーで買い出しをしたり、帰宅して荷物を片付けたり。

19:00- 夕食

自炊をする気も起きないので、お総菜を買ってきていただきました。

20:00- ちょっぴり作業

ようやく仕事っぽいことをしました。
といっても、必要があって技術的なことを調べて試してみた、ぐらいのものです。
ブログのネタも考えていますが、今日のこのだめだめな状態で書けるものが思いつきません。

21:00- ネット

この期に及んでまたしても現実逃避。
ブログの編集画面は開いていますが、さっぱり書き出せません。

23:00- ブログ執筆

遂に「もうこれでいいや」と心を決めますが、いかんせん頭がぼーっとしてまともに考えられない。
どういう切り口で書こうかなどと30分以上悩んだ後、今に至ります。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

ご多忙な方におかれましては「なんだこのうすのろふぬけ野郎なめてんじゃねえ」とお怒りになったでしょうか。
それとも「あ、なんか、わかる…」とほっとされたでしょうか。
もしくは「これでだめだめとか、何言ってんのこの人…」と気分を害された方もいらっしゃるでしょうか。

実は私もつい最近まで、数年来のうつ状態に散々悩まされていて、これぐらい動けたら上出来!という時期がありました。
自分自身、やる気ないとか言っておきながら「いやー随分動けるようになったもんだ」と感じていたりします。
(無論今でも、体調や精神状態の悪いときなど、食べて寝るのがやっとという日もまだまだあります)
だからこそ、だめだめと言いつつも赤裸々に書き綴ってみた次第です。

この記事が読み手にどんな風に伝わるのか、価値があるのかないのか、まったく予想できません。
笑ったり、ほっとしたり、共感したり…そんなふうな良い影響があることを願うばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました