Photoshopのショートカットが効かない場合の解決法

ps-shortcut-not-work

いつものようにPhotoshopを使っていたら、なぜか突然ショートカットが効かなくなった!
先日、そんな困った事態に直面してなんとか回復できたので、解決方法をシェアしておきます。

なお、本記事で使用しているPhotoshopはWindows版のCS6です。

現象

Photoshopを格段に便利にするショートカット機能は、きっとほとんどの方がご存じのはず。
Ctrl+Zで一段階戻るとか、Ctrl+Sで保存とか、そういうやつですね。

もし、ある日突然、これらがまったく使えなくなってしまったら…
考えるだけでもテンパりそうですが、実際私の環境で発生してしまったのです。

以下、参考までに再現してみました。

選択ツールである範囲を選択しているとして、これを解除したい場合、Ctrl+Dというショートカットを使います。
ところが、いくら押してもこれがまったく機能しない!という現象が起きてしまいました。

ps-shortcut-not-work-1

マウスやペンタブを使ってメニューから選べば正常に選択解除できますが、だからといってショートカットが使えないのは大問題。
いろいろ探ってみたところ、原因はまさかのこれでした。

ps-shortcut-not-work-2

OSの言語入力設定!

この直前に別のソフトでアラビア語を扱っていたのですが、このようにAR(アラビア語)になった状態でPhotoshopをいじると、ショートカットが効かなくなってしまうようです。
言語入力設定をJP(日本語)に戻したら、無事ショートカットが使えるようになりました。

ついでに試してみたところ、CH(中国語)の場合は問題なくショートカットが使えました。
この違いはどこから?と思って調べてみたところ、Photoshopにこんな設定項目を発見しました。

ps-shortcut-not-work-3

メニューの「編集 > 環境設定 > テキスト」を開くと、「テキストエンジンオプションを選択」という設定項目があります。
どうやらこれによって、日本語や中国語のときとアラビア語のときで挙動が異なってくるようです。

以下、詳しくは調べていないので推測になりますが…
日本語には縦書き、アラビア語には右から左に書くという、欧米をはじめとする大多数の言語にはない特殊なルールが存在します。
おそらくこのオプションは「(それぞれ言語入力の機能が大きく異なるため)どちらに対応しますか?」という設定なのではないかと思います。
ここの設定とOSの言語入力設定が食い違っていると、今回のような問題が起きてしまうというわけですね。

以上、Photoshopのショートカットが効かない場合の対処法でした。
おかしいなと思ったら、OSの言語入力設定を今一度ご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました