VRChatが重いとき今すぐできる対策9つ

VRChatが重いとき今すぐできる対策

メタバースという言葉が注目を集める昨今、ソーシャルVRプラットフォーム「VRChat」を最近始めた方も多いのではないでしょうか。

本記事ではそんな初心者さんに向けて、VRChatが重いと感じたときに今すぐできる軽量化の方法をご紹介します。

  • 最近VRChatを始めた
  • ゲーミングではない普通のPCを使っている
  • デスクトップモードで入っている

というユーザーさんを想定していますが、それ以外の方(ゲーミングPCのデスクトップモード、Quest単体、PCVRなど)にも共通する内容が多くあります。

環境を問わず、VRChatの動作を軽くしたい方はチェックしてみてください。

余計なアプリを終了する

VRChat以外のアプリをなるべく終了しましょう。

起動時にデスクトップモードを選択する

デスクトップモードの場合、VRChat起動時に「Launch in Desktop (Non-VR) Mode」を選択しましょう。

SteamのVRChatの画面を開いて「プレイ」を押します。

VRChat軽量化 Desktop (Non-VR) Modeで起動する①

モード選択のダイアログが出てきたら、「Launch in Desktop (Non-VR) Mode」を選択して「プレイ」を押します。

VRChat軽量化 Desktop (Non-VR) Modeで起動する②

セーフティのレベルを上げる

「Safety」を「Maximum」にしましょう。

キーボードのEscを押してLaunch Padを開き、右上の「Safety」を押します。

VRChat軽量化 SafetyをMaximumにする①

一番左の「Maximum」を押します。

VRChat軽量化 SafetyをMaximumにする②

VRChat軽量化 SafetyをMaximumにする③

重いアバターがロボット表示になって軽くなります。

VRChat軽量化 SafetyをMaximumにする④

補足:特定のユーザーのアバターを表示する

必要に応じて、個別に本来のアバターを表示することもできます。

ユーザーを選択して「Avatar Display」の一番左の目のマークを押しましょう。

キーボードのEscを押してLaunch Padを開き、中央右下の「Select User」を押します。

VRChat軽量化 個別にアバターを表示する①

アバターを表示したいユーザーにカーソルを合わせ、クリックします。

VRChat軽量化 個別にアバターを表示する②

ユーザーメニューが開いたら「Avatar Display」の一番左の目のマークを押します。

VRChat軽量化 個別にアバターを表示する③

目のマークが光った状態になればOKです。

VRChat軽量化 個別にアバターを表示する④

そのユーザーの本来のアバターが表示されます。

VRChat軽量化 個別にアバターを表示する⑤

画質を下げる

「Graphics Quality」を「Low」に、「Multisample Antialiasing」を「Disabled」にして画質を下げましょう。

キーボードのEscを押してLaunch Padを開き、右上の「Safety」を押します。

VRChat軽量化 SafetyをMaximumにする①

右上の「Performance Options」を押します。

VRChat軽量化 画質を下げる①

右上の「Adv. Graphics」を押します。

VRChat軽量化 画質を下げる②

「Graphics Quality」を「Low」に、「Multisample Antialiasing」を「Disabled」にしてOKを押します。

VRChat軽量化 画質を下げる③

これらの設定はなぜか勝手に変わってしまうことがあるため、定期的に見直すことをおすすめします。

読み込むアバターのサイズの上限を下げる

「Maximum Avatar Download Size」の数字を下げ、読み込むアバターのサイズの上限を下げましょう。

キーボードのEscを押してLaunch Padを開き、右上の「Safety」を押します。

VRChat軽量化 SafetyをMaximumにする①

右上の「Performance Options」を押します。

VRChat軽量化 画質を下げる①

左上の「Avatar Perf.」を押します。

VRChat軽量化 読み込むアバターの最大サイズを下げる①

「Maximum Avatar Download Size」の数字を適宜下げ、OKを押します。

VRChat軽量化 読み込むアバターの最大サイズを下げる②

遠くのアバターを非表示にする

「Hide Avatars Further Than ○○m Away」と「Hide All Avatars Except The Nearest ○○」の数値を調整し、遠くにいるアバターを非表示にしましょう。

キーボードのEscを押してLaunch Padを開き、右下の歯車マークを押します。

VRChat軽量化 フレームレートを確認する①

「Settings」の画面が表示されたら下にスクロールします。

VRChat軽量化 フレームレートを確認する②

「Performance」の項目に二つスライダーがあるので、これを調整します。

初期状態では以下のように表示されています。

  • Do Not Hide Avatars That Are Far Away(遠くにいるアバターを非表示にしない)
  • Do Not Limit The Number Of Shown Avatars Based On Count(表示するアバターの数を制限しない)

VRChat軽量化 遠くのアバターを非表示にする①

スライダーを最大より下げると、表示がそれぞれ以下のように変わります。

  • Hide Avatars Further Than ○○m Away(○○メートル以上離れたアバターを非表示にする)
  • Hide All Avatars Except Nearest ○○(近くにいる○○人を除き、すべてのアバターを非表示にする)

VRChat軽量化 遠くのアバターを非表示にする②

重くなる要素を避ける

以下のような、処理が重くなる要素をなるべく避けましょう

  • 重いワールド
  • 人が大勢いる場所

一般的には、PC専用のワールドよりもQuest対応のワールドのほうが軽いことが多いです。

また、多数のユーザーを同時に描画すると重くなります。

重いと感じたら、鏡を非表示にしたり、人が少ない方を向くようにしましょう。

ウィンドウサイズを小さくする

VRChatのウィンドウサイズを小さくしましょう。

普通にウィンドウのふちをドラッグして縮めればOKです。

室温を下げる

部屋の室温を下げましょう

必ずしもVRChatの動作が改善するとは限りませんが、PC本体を守るために押さえておきたいポイントです。

VRChatが重いと感じたら、たいていの場合、PCが熱くなっていると思います。

PCが高温になりすぎると、サーマルシャットダウン(機械を保護するための強制終了)や、PCの寿命が縮むなどのおそれがあります。

エアコンの設定温度を下げたり、扇風機を活用するなどして、熱がこもらないよう工夫しましょう。

番外編① フレームレートの確認方法

「Settings」の「Debug」でフレームレートを確認することができます。

フレームレートとは、1秒間に何枚のフレーム(画像)を表示しているかを示す数値です。
値が大きいほど動作が滑らかになります。
単位はFPS(Frames Per Secondの略)です。

キーボードのEscを押してLaunch Padを開き、右下の歯車マークを押します。

VRChat軽量化 フレームレートを確認する①

「Settings」の画面が表示されたら下にスクロールします。

VRChat軽量化 フレームレートを確認する②

「Debug」の項目の一番左にフレームレートが表示されています。

VRChat軽量化 フレームレートを確認する③

番外編② もっとも有効な対策

もっとも有効な対策は、高性能なPCに買い替えることです。

グラフィックボードを搭載した、ゲーミングPCと呼ばれる類のマシンに買い替えましょう。

一般的なPCよりも高額なため、気軽にポンと買える人は少ないと思います。

しかし、ゲーミングPCにすると劇的に動作が安定し、快適にVRChatをプレイすることができます。

重さを理由に避けていたワールドやイベントにも安心して行くことができるようになります。

VRChatを長く続けていきたい人はぜひとも検討してみてください。