バーチャル同人誌即売会「ComicVket」に遊びに行こう【初心者向け解説】

ComicVket1 エントランスアーチ

手持ちのスマホやPCで、サイトやブログを閲覧するのと同じ感覚で、バーチャル空間に遊びに行ける――そんな時代がもう来ていることをご存知ですか?

しかもそこでは、あの「同人誌即売会」も開催されているんです。

自宅にいながら、3Dのアバターの姿になって、会場内を自由に見て回り、買い物やコミュニケーションを楽しむ……。

けっして未来の話ではありません。

2021年現在、すでに実現していて、誰でも参加できるんです!

本記事では、バーチャル同人誌即売会『ComicVket』と、参加方法のひとつである『Vket Cloud』について、VR未経験の初心者さんに向けて解説します。

筆者もVRについては超初心者ですので、皆さんと同じ目線でわかりやすくご説明できると思います。

どうぞ安心して読み進めてくださいね。

ComicVketとは?

『ComicVket(コミックブイケット)』は、VR法人HIKKYが主催するバーチャル同人誌即売会です。

どんなイベントなのかは、次の動画を見ていただけるとイメージしやすいと思います。

2020年8月13日~16日に開催された『ComicVket1』のコンセプト動画です。

こんな感じで、バーチャル空間上にイベント会場が用意されており、参加者は3Dアバターを操作して自由に見て回ることができます。

気になるサークルがあったら立ち止まって、見本誌を読んだりオンラインショップで作品を購入したりできます。

同じ空間内に別の参加者がいれば、音声チャットなどでコミュニケーションを取ることもできます。

ComicVketのここがすごい!

ComicVket1 エントランスアーチ

ComicVket1の風景

筆者は上記の『ComicVket1』に、VRChatのデスクトップモードで一般参加しました。

「VRの機材を持っていない超初心者が、とりあえず手持ちのPCから参加してみた」と理解していただければOKです。

つまり、いわゆるVR体験をしたわけではないんですが、それでも「すごい時代が来た!」と感動しました。

その場にいる感覚がある

コロナ禍で思うように開催できなくなってしまったイベントを、SNSを使って代替しようという「オンラインイベント」の動きがあちこちで見られますが、それとは体験が完全に別物です。

ComicVketは、その場にいる感覚があるんです。

青空の下、街があって、大通りでイベントをやっていて、案内図があって、サークルスペースがずらりと並んで、その間をてくてく歩いて……。

目に映るのは、テキストでも画像でも動画でもない、風景です。

自分自身は単なるアカウントではなく、一人のアバターです。

数あるオンラインイベントの中でも、ComicVketはリアルイベントの体験にもっとも近いと言えるでしょう。

人の気配がある

会場を回っていると、リアルイベントと同じように、他の参加者とすれ違ったりすることがあります。

見本誌を読んでいる横で、知らない人同士の会話が聞こえてきたりもします。

この、すぐそばに人の気配があることも、SNSのオンラインイベントとは一線を画しています。

会場内で「台車通りまーす!」と大声を上げながら、台車に乗って爆走する二人組を見かけて、画面の前で吹き出しました。
リアルでは絶対にできない、バーチャルならではの楽しみ方ですよね。

さらに、2021年11月開催の『ComicVket2』では、Vket Cloudから、シングルプレイやプライベートルームで参加することもできるようになります。

「ひとりで落ち着いて見て回りたい」「仲間内だけで一緒に遊びたい」といった、柔軟な楽しみ方が可能になります。

いつでも何回でも遊びに行ける

リアルの同人誌即売会は開催日時が決まっていて、入場回数も基本的には一度きりですよね。

その点、ComicVketは、開催期間中であればいつでも何回でも遊びに行けます

これにより、たとえば、

  • 隙間時間にちょっと会場を覗いてみよう
  • 深夜~早朝にのんびり見て回ろう
  • たくさん見て疲れたから、明日また遊びに来よう
  • 日を分けながらじっくり見ていって、全サークルコンプリートしよう
  • このサークル、○○さんが好きそうだから、週末に連れてきてあげよう

というような、従来ではありえなかった楽しみ方ができるんです。

「時間の制約」から解放された、バーチャルならではの強みですね。

世界中のどこからでも参加できる

ネットが見られる端末と安定した通信環境さえあれば、世界中のどこからでもイベントに参加できます

都会と地方、国内と国外など、リアルイベントに付き物の「場所の制約」が一気に取り払われます。

これは一般参加者だけでなく、サークルにとっても同様です。

  • 地方在住の人
  • 海外在住の人
  • さまざまな事情でリアルの会場に出向けない人

など、従来のイベントに参加するのが難しかった人でも、気兼ねなく参加することができます。

リアルイベントに並ぶ新しい「場」

実際に参加してみて「これは、リアルの代替ではない新しい“場”だ」と感じました。

もともと『Vket(バーチャルマーケット)』という、VRユーザーのためのバーチャルイベントが2018年から行われていて、ComicVketはその流れの中から誕生しました。

したがって、リアルのコミックマーケット(コミケ)とは関係がありません。
しばしば誤解されますが、両者はまったく別のイベントです。

そこへたまたまコロナ禍が到来して、三密を完全回避したイベントとして、一般層からも注目されるようになった、ということなんです。

一般参加者にとっても、サークルにとっても、ComicVketは可能性と将来性にあふれた、リアルイベントに並ぶ新たな「場」だと言えるでしょう。

手持ちの端末から参加できる

  • VRは、特別な機材やハイスペックな端末を持っている人だけが楽しめるもの
  • 興味はあるけど、高額な機材を買うのはハードル高い……
  • Steam?とかVRChat?とか、知らないことが多すぎて不安……

こんなふうに思っていませんか?

かくいう自分もまさにここが最大の参入障壁だったんですが、そんなあなたに朗報です。

2021年11月開催の『ComicVket2』からは、普通のスマホやPCで、リンクをタップするだけで参加できるようになります。

アプリのインストールや会員登録は不要です。

ChromeやSafariなど、普段お使いのブラウザ上で動作します。

……衝撃的というか、いきなりお手軽すぎて、ちょっと理解が追いつきませんよね。

次の章では、これを可能にした『Vket Cloud』というサービスと、具体的な操作方法について詳しくご説明します。

Vket Cloudとは?

『Vket Cloud(ブイケットクラウド)』とは、VR法人HIKKYが開発したVRエンジンです。

おもな特徴は以下の通りです。

  • リンクをタップして起動する
  • ブラウザ上で動作する
  • スマホ、PC、タブレット、ヘッドマウントディスプレイで利用できる
  • アプリのインストールは不要
  • 会員登録も不要

こちらは『バーチャルマーケット6』に合わせて公開されたVket Cloudのページです。

『バーチャルマーケット6』は2021年8月28日に終了しましたが、サンプルワールドとして用意されている「Vket Cloud紹介ワールド(EMISSION)」は、現在も入場可能となっています。

百聞は一見に如かず、ぜひ上のページからVRの世界に飛び込んでみてください!

Vket Cloudでイベントに行ってみた

筆者は上記の『バーチャルマーケット6』に、Vket Cloudを使って遊びに行きました。

そのときの様子をスクリーンショットとともにご紹介します。

本記事でお話ししている『ComicVket』とは異なるイベントですが、『Vket Cloud』がどんなサービスなのか、イメージをつかむ手がかりにしていただければと思います。

利用環境はPC(パソコン)です。
ゲーミングではない、ごく一般的な汎用PCを使っています。
Vket CloudでVket6に行ってみた 入室モード選択画面

入室モード選択画面

まずは「エントランス East」というワールドに入ってみます。

ワールドのリンクをクリックすると、入室モードを選択する画面が出てきます。

  • 入室 ⇒ 同じ空間に他のユーザーがいるモード
  • プライベートルーム作成 ⇒ 仲間内だけで利用するモード
  • シングルプレイで入室 ⇒ 自分一人だけで利用するモード
Vket CloudでVket6に行ってみた アバター選択画面

アバター選択画面

入室モードを選択すると、アバターを選択する画面に移ります。

好きなアバターを選び、プレイヤーネームを入力し、利用規約に同意して「次へ」を押します。

プレイヤーネームはアバターの頭上に表示されます。
他のユーザーからも見えます。

ワールドの読み込み中、操作説明が流れるのでチェックしておいてください。

操作は極めてシンプルです。
普段、VRや3Dゲームをやらない人は戸惑うかもしれませんが、あれこれ触って慣れていきましょう。
Vket CloudでVket6に行ってみた アバター自撮り

入室成功!

読み込みが終わり、VR世界に飛び込むことができました!

三人称視点で記念撮影してみました。

上の画像には映っていませんが、実際に操作するときは、画面の周りに「一人称/三人称の視点切り替え」「スクリーンショット」「モーション」「マイクのON/OFF」などのボタンがあります。
スクリーンショットボタンで撮影した画像には、これらのUIが映りこみません。
Vket CloudでVket6に行ってみた アバターモーション例

手を振ってみる

アバターには「手を振る」「指をさす」「いいね!」などのモーションが用意されています。

それぞれ、画面のボタンを押すだけで動いてくれます。

Vket CloudでVket6に行ってみた 一人称視点で看板を読む

看板を読むときは一人称視点で

看板などの説明書きを読むときは、一人称視点が便利です。

画面上のボタンを押すと、一人称視点と三人称視点を切り替えられます。

Vket CloudでVket6に行ってみた Twinkle-Twinkleの風景

Twinkle-Twinkleの風景

『Twinkle-Twinkle』というショップの中に入ってみました。

ピンク基調のメルヘンなお店でした。

Vket CloudでVket6に行ってみた アフタヌーンティーセットを発見

こ、これは……!

そこでなんと、アフタヌーンティーセットを発見しました!

売り物ではなく、単なる店内装飾だったんですが、筆者は紅茶ブログを運営するほどの紅茶好きなので、大喜びで記念撮影してしまいました。

こんな感じで、売り物として出展されるコンテンツはもちろん、空間そのものを楽しんだり、他の参加者とのコミュニケーションを楽しんだりすることもできます。

「リアルイベントの体験にもっとも近い」という言葉の意味が、少しでも伝わっていたら嬉しいです。

初心者さんへワンポイントアドバイス

「ComicVket、遊びに行ってみようかな?」と気になってきた方へ。

VR未経験の初心者さんは、次の二つのポイントを押さえておくと、より安心して楽しめるかと思います。

イヤホンをつけよう

他のユーザーさんと音声で会話する際、イヤホンをつけていないと、相手の声が相手側に跳ね返って聞こえてしまいます。

相手の声が自端末のスピーカーから出る

スピーカーから出てきた声が自端末のマイクに入る

相手に聞こえる、という現象が起こります。
音声チャットを利用するときは、イヤホンやヘッドホンをつけることをおすすめします。

端末の発熱に注意

3DCGの描画は非常に負荷の高い処理なので、スマホやPCが発熱することがあります。

熱がこもったまま使い続けると、突然電源が切れるなどの現象が起こる可能性があります。

高温になりすぎた端末を守るため、強制的に電源をオフにする機能のことをサーマルシャットダウンと言います。
筆者は夏場に利用したため、見事にこれを食らってしまいました。
心臓に悪かったです……。
端末が熱いなと思ったら、室温を下げたり、扇風機で風を当てたりして冷やしてあげましょう。

まとめ

  • 『ComicVket』は、バーチャル空間上で開催される同人誌即売会
  • リアルイベントにもっとも近い体験ができる
  • 従来ではありえなかった柔軟な楽しみ方ができる
  • 『Vket Cloud』は、ブラウザ上で動作するVRエンジン
  • 手持ちのスマホやPCから入場できる

VRのイベントに興味があるけれど、参加をためらっている……。

そんな人の背中を押すことができたら、筆者として非常に嬉しく思います。

ぜひ、一緒にComicVketの世界を楽しみましょう!

サークル参加のお知らせ

2021年11月6日~14日開催の『ComicVket2』に、サークル名『manakaweb』で出展します。

オリジナルファンタジーをアナログで描いている、絵と物語の創作サークルです。

ペン画絵本『波間の王子 – Prince on the Waves -』や、天然石ブレスレット、イラスト集、ポストカードなどを頒布しますので、よかったら遊びに来てくださいね。