ブームは過ぎた?だからこそ今!こんまり流片付けのススメ

77f69ace787cf4f2ae74ed9a92f2758e_m

こんまり流。
「一度片付けたら二度とリバウンドしない」として大ブレイクした、近藤麻理恵さんの提唱する片付け法です。
著書『人生がときめく片づけの魔法』がミリオンセラーとなり、2015年にはアメリカ・タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれるなど、続々と世間に話題を投じていますね。

「聞いたことはある」「大まかには知ってる」という人も多いと思います。
でも「知ってるだけでやったことはない」という人も、同じように多いのではないでしょうか?

これ以上やるべきことはない!と自信があった二年前

かくいう私も、ネットで調べて「おお、これもう大体できてるんじゃない?」と共感したあと、意識の片隅にしまいこんでいました。

というのは、ちょうどその時期は一人暮らしを始めてまもない頃で、持ち物の洗練具合には自信があったのです。
ものを溜め込みすぎるカオスな実家に嫌気が差していた私は、一人暮らしでは絶対に快適な環境を手に入れる!と心に決め、実行に移しました。
その決意たるや固く、引っ越し業者を利用せずに、必要なものを厳選して自力で少しずつ運び込むという徹底ぶり。
必要最低限のものに囲まれたミニマルな生活を送っていた、はずでした。

どこか惜しい感じがする? 実家の私物もまだたくさん…

ところが、どんなに片付けても収納を工夫しても、なぜかピタッとスッキリいかない現象が起きてしまいました。
たとえばクローゼットの中や、デスクの下、引き出しの中。
常に「いまいちごちゃっとしている箇所」があって、なんだかもやもやします。

ムダな買い物は一切していないし、ものもそんなに多くないはず。
なのに、どうしていつまでもスッキリと落ち着いた状態にならないんだろう?

それに、実家にも私物がまだまだ残されていました。
もはや何が収まっているのかもわからないあのカオスをなんとかせねば…

心も部屋も「悪くないんだけど、あと一歩」という、落ち着かない状態になってしまいました。

片付けをしていたら「あれ?これってこんまり流?」

そんなある日のこと。
大好きなものを厳選して片付けしていたとき、ふと「あれ?これってこんまり流で言ってたことだ」と気付きました。
以前、なんとはなしにネットで調べて共感したこんまり流。
それを自然と実践している自分に気がついたのです。

20150813_114834_edited

特定のジャンル(衣類、本、小物類など)のものを一箇所に集めて、

20150813_122255_edited

ひとつずつ手にとって、ときめくものと、いまいちピンと来ないものを分けていく。
(ちなみに上の写真では、左がピンと来ないもの=処分、右がときめくもの=残す)

どうやらやっていることは間違っていないようです。
「これはもう一度、ちゃんと本を読んではっきりさせておくべきかも」と思い、『人生がときめく片づけの魔法』を手に取りました。

これでいいんだ!あとは迷わずもっと減らすのみ!

つまり、足りないのは自信と徹底でした。

やっていることは間違ってない。
実家の私物は、量が多くて時間がかかるだけ。
自宅の惜しい感じは、実はまだ厳選しきれていないだけ。

何せ、片付けとは「これまでの自分の人生と徹底的に向き合うこと」なのです。
二十数年間、積み重ねてきたものと徹底的に向き合う…
素人の私が一発で上手にやれるほど、軽々しいことではなかったわけですね。

こんまりさんに背中を押されたような気がしました。

人生に行き詰まったら、片付けをしてみよう

実際にやってみて感じたことですが、徹底的に片付けをすればするほど、自分の輪郭がはっきりしてきます。

何が好きなんだっけ。
何がしたいんだっけ。
どんな風になりたいんだっけ。

これまで積み重ねてきた人生と真っ向から向き合うのは、決して気楽なことではありません。
でも、「なぜかいつも不安」「なんだか常にもやもや」「なんか上手くいかない」「なんとかしたい」…そんなときには、ぜひ思いきって片付けをしてみてください。
必ず、なんらかの気付きと自信を得ることができますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました