Design & Creation manakaweb

manakaweblog ―フリーランスWebデザイナー・創作家 真中ユエのブログ―

WordPressって何?カンタンって聞くけど本当?依頼者向けにわかりやすくまとめてみた

2016-05-14

what-is-wordpress

Web制作の話題になると必ずといってよいほど登場するキーワード、WordPress(ワードプレス)。
名前は聞いたことあるけど、実際のところよくわからない…という方も多いのではないでしょうか。
本記事はそんな依頼者向けに、できるだけわかりやすくWordPressについてご紹介していきます。

WordPressとは?

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)の一種です。
HTMLなどの専門知識がなくてもWebサイトを扱えるようにするシステムのことをCMSと呼びます。
WordPressもそのうちのひとつです。

Webサイトを作りたい、写真を載せたい、ページを増やしたい、文章を変えたい…
そういった作業は本来、Web制作のプロに頼まなければならないような専門知識を必要とするものです。
自力で調べてやることももちろんできますが、Webの技術が多種多様に発達した今、よくわからないまま思い通りに編集するのは至難の業でしょう。

WordPressを使うと、これらの作業が自分でできるようになります。
MicrosoftのWordのような感覚でページを作れたり、画像を貼り付けたりできるわけですね。

平たく言うと、WordPressとは自分でWebサイトを編集できるようにするツールということです。

実際どんな感じのものなの?

百聞は一見にしかず、WordPressを使って構築している当サイト(manakaweb)を例に、キャプチャ付きでご説明します。

WordPressはサーバーにインストールしてから使用します。
セットアップを完了し、ブラウザからログインすると、こんな画面が開きます。

what-is-wordpress-1

こちらがWordPressの管理画面(ダッシュボード)です。
Webサイトの裏側、舞台裏みたいな感じですね。
表示項目はサイトの設定によって異なり、当サイトも多分にカスタマイズしているので初期状態とはかなり違いますが、全体的な雰囲気だけつかんでいただければと思います。

左側の上の方に「投稿」というメニューがありますね。
こちらをクリックすると、下記のような画面になります。

what-is-wordpress-2

当サイトのブログ(manakaweblog)の記事タイトルがずらりと並んでいます。
WordPressでは、記事や画像などのデータをデータベース形式で管理しています。

ここで現在、絶賛執筆中の本記事のタイトルをクリックしてみましょう。

what-is-wordpress-3

こちらがブログ記事の編集画面になります。
ここに必要事項や本文を入力していき、画面右の公開ボタンを押すことで、ブログの記事が作成できます。

先ほど書いた通り、ここで入力した情報はすべてデータベース上に追加されます。
そうしてデータベースに蓄積した情報をWebサイトとして成型して表示する、という仕組みになっています。

これってただのブログツールじゃない?

はい、上でご紹介してきたのはまさにブログの機能になります。
ここまでなら他のブログサービスとなんら変わりません。
実際、WordPressは本来ブログツールとして作られたものです。

しかし、WordPressの本領発揮はここから。
プラグインと呼ばれる追加機能や、様々なカスタマイズを施すことで、リッチなCMSとして使用することができるのです。
たとえば、製品情報をブログと同じような感覚で追加できるようにしたり、お問い合わせフォームを設置したり、ショッピングカートをつけたり、会員専用ページを作ったり、外部の各種サービスと連携したり。
ブログの域を超えた高度なカスタマイズが可能です。

つまり、WordPressを使えば誰でも思い通りのサイトが作れるの?

いいえ。
思い通りにカスタマイズするには、やはり専門的な知識が必要になることが多いです。

WordPressはしばしば「誰でもカンタンにサイトを作れる!」など、カンタンという言葉が強調されて紹介されることがあります。
しかしそれは、既製のテーマと既製のプラグインを組み合わせるだけの場合に限ったお話です。

テーマ(サイトのデザインや機能をまとめたパッケージ)もプラグインも、使う分には専門知識はほぼ必要ありません。
しかし、サイトを作っていると「ここをもっとこうしたいな~」「ここだけこういう風に変えたいんだよな~」というように、オリジナルのカスタマイズを施したい場面が必ずといってよいほど出てきます。
いろいろ調べてみたけどよくわからない、自力ではできなさそうだ…というときには、やはりプロの業者の力が必要になってくるのです。

上でご紹介した当サイトの例にしても、管理画面でこの操作をしたらサイトにこう反映される“ように作っている”わけです。
“そのように作る”ためには、PHPやらHTMLやらCSSやら、専門的な知識が必要になってくるんですね。

ですので、よくあるカンタンという言葉に囚われて「誰でも思い通りに作れる」「ちゃちゃっと作れる」と誤解してしまわないようご注意ください。

 

***

 

以上、WordPressについての依頼者向け概要まとめでした。
もし「ここをもっとよく知りたい」などのリクエストがあれば、お気軽にお問い合わせフォームTwitterからお知らせください。
お役に立てることがあればぜひにと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!