Design & Creation manakaweb

manakaweblog ―フリーランスWebデザイナー・創作家 真中ユエのブログ―

リプライが丸見えに?Twitterの新仕様にしれっととんでもないのが混ざっている件

2016-05-25

twitter-spec-change

【重要】本記事の内容が誤解かもしれない可能性について、記事の最後に追記しました。
ぜひ最後までお読みください。

2016年5月24日、Twitterから仕様変更の公式発表がなされました。

GIFアニメを見てみると、「ユーザー名が文字数に含まれなくなる」「画像のリンクなどが文字数に含まれなくなる」「自分のツイートもリツイートできるようになる」とあります。
これはなかなかの良改変!と思いきや、爆弾はリンクの先にありました。

今後の予定:140文字をより活用できるように | Twitter Blogs

4点目。
@ユーザー名で始まるツイートが普通のツイートと同じようにフォロワーのタイムラインに表示される。

目を剥きました。
期待が台無しです。

慣れていない方向けにあらためてご説明させていただくと、従来の仕様では、@ユーザー名で始まるツイート(返信、リプライ、リプなどと呼ばれます)は、そのユーザーと自分と共通のフォロワーのタイムラインにだけ表示され、その他のユーザーのタイムラインには表示されませんでした。
簡単に言うと、「リプライは特定の個人に宛てたツイートである」「特に関係ない人の視界には入らない」ということです。
(注:タイムラインでそのように表示されるというだけで、リプライも通常のツイートと同じように公開されており、見ようと思えば誰でも見られますし、リツイートも可能です)

それが今回の仕様変更で、通常のツイートと同じようにフォロワー全員のタイムラインに表示されるようになるとのこと。
わかりやすく言うと、「友達と知らない人の超個人的な会話が目の前にだらだらと流れるようになる」ということです。
一体誰得なんだろうか。

一応メリットらしきものを考えてみると、「おや、○○さんが知らない人と面白そうな会話をしてるぞ」と第三者が興味を持ちやすくなり、所謂「友達の友達」と繋がりやすくなるということが挙げられます。
しかし言ってしまえばそれくらいのもので、あとはデメリットしかないような…

Twitterの反応を見ていると「他人との会話なんか別に見たくない!」という感情的な意見がもっとも目立っており、私もまったく同感なのですが、もうひとつ重大なデメリットとして、タイムラインの情報量が増えすぎることが挙げられます。
特段興味のない情報がタイムラインに溢れることで、本当に欲しい情報が得にくくなってしまいます。
どうしてもこの新仕様を実装するのであれば、せめて表示非表示をユーザー側で設定できるようにしてほしいものです。

既存の仕組みをがらりと変えるときには非難がつきもの。
とはいえこれは一体どうなんだろう…
GIFアニメにわざとこの一項目だけ入れていない辺りにもちょっとした悪意を感じてしまうのですが、勘ぐりすぎでしょうか。
いずれにせよ、Twitterの今後の動きに要注目です。

2016-05-25追記

【重要】本記事の内容が誤解かもしれない可能性が浮上しました。

各ニュースメディアでは以下のように報じられています。

ASCII.jp:Twitter、140文字ルールをついに一部変更

Twitter、140字制限を一部緩和 画像添付や引用リツイートをカウント外に – ITmedia ニュース

Twitterが140字制限を緩和。画像や引用URLは除外、@ユーザ名の返信ルールも変更。自分をリツイート可能に Article – Engadget Japanese

いずれも「返信としての@ユーザー名ツイートは、@ユーザー名が非表示になるのみで、その他の挙動は従来通りである」旨が書かれています。
つまり、返信の内容がフォロワー全員のタイムラインに表示されるわけではないということですね。

しかしながら、Twitter公式ブログの記事を見る限り、やはり一意にそうとは読み取れないような…
ニュースメディアの方が一個人の見解より信憑性は高いだろうとは思いますが、真相が気になります。
できれば、各ニュースメディアで報じられている方が真実であってほしいです。