Design & Creation manakaweb

manakaweblog ―フリーランスWebデザイナー・創作家 真中ユエのブログ―

女性が好きな女性のためのトークイベント「SHIPテーマトーク」に参加してみた

2016-09-05

ハートの雲にかかる虹

2016年8月28日開催の、女性が好きな女性のためのトークイベント「SHIPテーマトーク」に参加してきました。

SHIPテーマトークとは?

横浜のNPO法人SHIPが主催する、女性が好きな女性のためのトークイベントです。

http://www2.ship-web.com/thema/pg61.html

レズビアン、バイセクシュアルのほか、そうかもしれない、よくわからないというクエスチョニングの人も参加できます。
年齢制限はなく、一般は参加費1,000円、高校生以下は300円、定員は15名となっています。
時間は2時間で、毎回テーマがひとつ決まっており、主にそれについて話し合います。
休憩時間も設けられていて、飲み物やお菓子をいただくことができます。

同席するスタッフさんもセクシュアルマイノリティの当事者、もしくはセクシュアルマイノリティに理解のある人が担当しています。

なお、申し込む際の名前やイベント参加中の名前はニックネームで大丈夫です。
というより、プライバシーに配慮して、多分ニックネームの方が推奨されている感じです。

(2016年9月4日現在の情報です)

参加までの経緯

最近クエスチョニングという概念を知り、自分がそれに当てはまることに気付きました。
セクマイのコミュニティに顔を出してみようと思い、2016年8月3日、SHIPにじいろキャビンの扉を叩きました。
その際、代表の方に「こんなイベントがあるよ」と教えていただき、ぜひ参加してみようとその場で申し込みました。

諸注意

まず、イベントの冒頭で諸注意があります。
「無理に話さない」「参加者のプライバシーを漏らさない」等、参加者全員にとってよいイベントとなるよう細心の注意が払われていました。
本記事もこのルールに則り、他の参加者のことについては触れず、自分の感想のみ書いていきます。
あらかじめご了承ください。

イベントの様子

さて、今回参加したのはSHIPテーマトークVol.98。
場所はかながわ県民センターのミーティングルーム、テーマは「老後」、参加人数はスタッフさんも合わせて計8名でした。

諸注意の後、アイスブレイクのミニゲームを行い、参加者どうし簡単な自己紹介をします。
そこからやんわりとした流れでテーマトークスタート。

「老後」ということで、今の自分にはまともに語れそうにないテーマだと自覚しつつ確信犯的に参加したのですが、同じような方が結構いてほっとしました。
一方で、かなり具体的に考え始めていたり、見ているものが全然違う方もいて、そういったお話を聞けるだけでも勉強になりました。

場は終始穏やかな雰囲気で、話したい人が話し、聞きたい人は聞くというスタンスが共有されていて、非常に居心地がよかったです。
会話のテンポもゆったりしていて、ちゃきちゃき話せない自分としてはとても有難かったです。

テーマは一応決まっていますが、話の流れで脱線したりすることももちろんあります。
後半は二つのグループに分かれて少人数で話したのですが、自分のグループはほとんどテーマと関係ない話で盛り上がっていました。

前半と後半の間に15分ほどの休憩があって、飲み物やお菓子をつまみながら各々自由に過ごしました。
参加者の方とくだけたおしゃべりなどもできて、とても温かいひとときでした。

最後に一人ずつ、今日の感想を軽く話して、アンケートを記入して解散となりました。

イベント後の交流

解散したあとの交流は参加者それぞれの自由となっており、連絡先を交換してみたり、なんとなくその場に居合わせた面々でカフェにでも行こうかという話になったりしました。
この日は参加者数人で、SHIPにじいろキャビンの方に行ってみようという話になりました。

以下、完全に余談ですが…

ありがたすぎる…!
しかもこのときたまたま同席者もたくさんいて、みんなでわいわいおしゃべりしながらケーキをつつきました。
差し入れくださった方、本当にありがとうございました。

まとめ

とにかく、場の安心感が半端ではないです。
全員が当事者、もしくは理解のある人なので、安心して性の話や自分の状況などを相談することができます。
「無理に話さない」というルールが徹底されているので、話すのが苦手な人や、とりあえずみんなの話を聞いてみたいという人にもおすすめです。

また、同じような立場の仲間に出会うことができたのも非常によかったです。
このイベントに参加するまで、私はリアルの知り合いにセクマイが一人もいませんでした。
(多分、いるけど見えないんだと思います)
セクシュアリティについて正直に話してドン引きされた経験もあるため、あまり積極的に話をもちかける気にもなれず…
そんな自分にとって、このイベントは大きな転機になりました。
参加者の人とは今でもまったり連絡を取り合っています。
(皆さま、ありがとうございます!)

以上、SHIPテーマトークの参加レポでした。