Design & Creation manakaweb

manakaweblog ―フリーランスWebデザイナー・創作家 真中ユエのブログ―

60分でどこまで描ける?超絶遅筆なお絵かきクラスタがタイムアタックに挑戦してみた

2016-04-17

14609011739070

以前、こんなツイートをしたことがありました。

そのとき、ふと思いました。

実際、きっちり時間を計ったら、制限時間60分でどこまで描けるんだろう。

タイマーをつけて、真っ白の状態から完成まで、無論本気で。
自分の実力をきちんと把握するという意味でも、やってみると面白いかも…

というわけで、60分タイムアタック、実行してみました。

00:00:00 スタート前

14609011739070

《用意したもの》

  • 画用紙(なるべく小さくカット)
  • シャーペン
  • 消しゴム
  • ミリペン
  • ネオピコ(アルコールカラーマーカー)
  • ネオピコカラーチャート
  • 下敷き用の適当な紙(色移り防止のため)

《下準備》

  • 何を描くか決める
  • だいたいの構図を決める

今回は「この間作ったエスニックのイヤーカフ、あれを描こう。色素薄い系の長髪キャラの横顔アップで」というところまで事前に考えました。

というわけで、いざスタート!

00:11:30 下描き完了

14609007536850

いつもならまだラフ扱いしている状態ですが、じっくり下絵を描きこんでいる余裕はありません。
必要があったらペン入れしながら描こう、ぐらいの感じで飛ばします。

この時点で、当初の構想にはなかったかぶり物のヴェールが追加されました。
描こうかどうしようか考えている暇がないので、完全に勢いとインスピレーションに任せています。

00:25:40 ペン入れ完了

14609007537241

ミリペンで主線を描き、消しゴムをかけます。
もっと密に丁寧に描きたい~という欲を堪えつつ、スピード最優先で駆け抜けます。
彩色前の工程に半分近く時間を取られてしまい、地味に焦ってます。

00:40:20 下塗り完了

14609007537532

ようやくネオピコのターン!
一番薄い色を全体に置いていきます。

この時点で「思い描いていた状態まで完成させるのは無理だな」と悟りました。
(もちろん、最初から完璧な一枚絵を仕上げようとは思っていませんが、とにかく描ききるということを目標にしていました)

そうなると「どこを描いて、どこを捨てるか」という話になってきます。
最大限見栄えよくしたいので、顔周りとイヤーカフを重点的に描くことにしました。

01:00:00 終了!

img014_edited

というわけで、こちらが完成物になります。
未完成感は否めませんが、制限時間内でのベストは尽くせたかなと思っています。

感想としては、思っていた以上に描けるものだなと。
ただ、髪の毛の丹念な描きこみとか、質感の塗り分けとか、深い色の塗りこみなど、描いていて特に楽しいと感じる工程をすべてすっ飛ばさなければならないのは、やはり残念でした。
次にやるとしたら、もう少し制限時間長めのタイムアタックか、本気の一枚絵をストップウォッチで時間計りながら描くというのをやってみたいです。

以上、超絶遅筆なお絵かきクラスタの60分タイムアタック企画でした!